You are currently viewing archive for 19 August 2019

08/19: 暑いですね・・・。

こんにちは
さくらいです

夏も後半ですが暑いですね!
仕事が終わってうちに帰ると室内が40度近くまで
行き即冷房つけます・・・汗
熱中症には十分お気を付け下さい。

さて、熱中症の話をしましたがそれに関連して
犬猫の熱中症についてお話します!

まずは人と犬猫の違いについて

・地面からの高さ
→犬猫は地面との距離が近いので直射日光+地面の熱を受けやすくなっています。

・汗腺
→人は全身に汗腺がありますが、犬猫は人のように発達していません。
なので体温調節に時間がかかる。


主な症状
初期から中期
・パンティング(ハァハァと激しく呼吸をする)
・体温が上がる(40度以上)
(平熱はおおよそ38度から39度ほど)
・よだれがたくさん出る
・頻脈(心拍数の増加)
・歯肉が赤くなったり、目が充血する

パンティングについては少しの興奮でも見られるので判断が難しい所です。
なので体を触ったり様子をこまめに確認することが重要となります。

さらに重篤化すると・・・
・虚脱状態(ぐったりしている)
・下痢、嘔吐、ふるえを起こす
・意識がなくなる
・けいれん発作を起こす
・ARDS、DICになる


と命に関わるためすぐにかかりつけの病院に行きましょう!!!

熱中症にならないためにも事前の予防が大切になります!

〇室内〇
・風通しを良くする
・室内温度を26度以下にする
→夜は冷房を消す方も中にはいらっしゃると思います。
可能であれば夜もつけたほうが予防につながります!
・直射日光が当たらないようにする
・ペットが自由に居場所を選択できるようにする

〇室外〇
・こまめな水分補給をする
・体表に水をかけ流す
→風を送り気化熱を利用し簡易的に体感冷却を取り入れる

〇車内〇
車の中でペットを一人にしない!
活動的な犬、興奮しやすいイヌは外気温が低くても熱中症になりやすいです。

特に注意が必要な犬種、猫種
・短頭種
気道が短く呼吸による体温調整が苦手です。

・肥満動物
体内に熱がこもりやすい、脂肪によって呼吸機能が低下しやすい。

・高齢動物
体温上昇並びに脱水症状を起こしやすい。

〜もし熱中症になったら〜
・常温の水をかける
・水で濡らしたタオルなどで包む
・涼しい場所で風を送る
です。
冷たい水のほうが良いのではと思いますが逆に臓器に障害を与えてしまうので注意が必要です。冷やす場所は頸部、前足と後ろ足の付け根です。

とこんな感じになります。

受付に熱中症予防マニュアルというものを置いています!!

null

中には上記の内容に併せお散歩時に持って行ったほうが良いチェックシートもあります。
ご自由にお取りください!

まだまだ暑い日が続きますが頑張って夏を乗り切りましょう!!
長くなりましたがそれでは

カテゴリー: General | 投稿者: seton |